情報商材 レビュー

ネットで稼ぐ情報商材レビューブログ > 03 ランク別情報商材 > 06_販売停止商材 > 新・魔法のコピーライティング

新・魔法のコピーライティングのレビュー

mahokopyhead.jpg

新・魔法のコピーライティングとは


新・魔法のコピーライティングは惜しまれつつも販売停止となった魔法のコピーライティング術の続編としてリリースされたコピーライティングノウハウ教材です。

ごく、稀に「新・魔法のコピーライティング術」と「術」を付ける人がいますが、これは誤りです。

正確には「新・魔法のコピーライティング」です。

oka.png著者はコピーライターの岡村元紀さん。

私もセミナーで実際にお会いしましたが、実際には「物書き」の人なのでセミナーはあまり得意じゃないといったことをおっしゃっていました。

ただ、「ペン一つで稼ぐ」というフレーズを地で行っている方で、この方にセールスレターの執筆をお願いすると◯◯万円もするという話を聞いたことがあります。

前作、魔法のコピーライティング術を発売後、「ステルス」を発売し、その後、コンサルティングサービスやセミナー事業を手掛け、多方面で活躍しています。

 

新・魔法のコピーライティングと魔法のコピーライティング術の違いは?


前作、魔法のコピーライティング術はコピーライティングが良く使われる販売広告のセールスレター作成に焦点を当てた商材でした。

その際に、著者の岡村さんはコピーライティングが持つ力やネットビジネスにおける必要性、マインドセット、人間心理学を中心としてお話しされていました。

これに対して、新・魔法のコピーライティングは前作で提示されたコピーライティング作成のベースとなるマインドセットは省略され、いきなりテクニック論から話を展開していきます。

前作は「理論」に重きを置いたのに対して、本作は「実践」がメインとなっています。

言うなれば、「魔法のコピーライティング術」はコピーライティングの戦略を提供するのに対して、「新・魔法のコピーライティング」は具体的な戦術を提供するといったところでしょうか。

また、魔法のコピーライティング術は著者の岡村さんのデビュー作でもあったので、岡村さんがどのようにしてコピーライターになったか、というパーソナル部分の説明やコピーライティングの歴史にも触れており、はじめての人にとってもやさしい内容となっています。

これに対して新・魔法のコピーライティングはそういった前提は端折っていきなり実践から入ります。

新・魔法のコピーライティングのコンテンツについて

 

maho4jpg.jpg新魔法のコピーライティングは専用のダウンロードサイトが用意されており、そこから自由にコンテンツをダウンロードする形になります。

新・魔法のコピーライティングは以下全3章から構成されます。

第1章:基本のひな形

第2章:ブランディングひな形

第3章:セールスひな形

 

 

第1章:新・魔法のコピーライティング 基本のひな形(39ページ)

maho1jpg.jpg第1章「基本のひな形」はコピーライティングというよりはWEBライティング全般の基本事項の説明になります。
どんなに素晴らしコピーでも読みにくかったり、見当違いのターゲットに向けて文章を書いていては何も反応を得ることができません。
長年コピーライティングに携わっていた岡村さんがこれ以上削れないというギリギリの部分まで無駄をそぎ落として抽出した8つのエッセンスをテンポよく解説してくれます。
最後に自分が書いた過去記事を8つのエッセンスを交えて書きなおすエクササイズが用意されています。
このエクササイズはプロのコピーライターである岡村さんが直接添削してくれます。(前作、魔法のコピーライティング術で最もリクエストが多かったサービスです)
この添削サービスがあるだけでも、「新・魔法のコピーライティング」がいかに実践向けの内容であるかがわかると思います。

 

 

第2章:新・魔法のコピーライティング ブランディングひな形(37ページ)

maho2jpg.jpg第2章:ブランディングひな形では、前作の魔法のコピーライティング術でも触れられていた◯◯ー◯ー◯◯◯◯(◯◯の展開)の手法をさらに深化させ、より、具体的な例文を交えて紹介しています。
◯◯ー◯ーというと、個人の◯◯◯◯や商品の開発◯◯といった、時系列が解りやすく、長い期間を要する◯のほうが相性が良いと思われがちですが、実際はそうではありません。
実は、どんな◯も◯◯にすることができるのです。
岡村さんはFFFTPを使ってファイルアップロードする方法を見事に◯◯形式で展開しています。
商品を爆発的に売るためには強烈なブランディング(この人から買いたいと思っていただく)が必要になります。
強烈なブランディングを築き上げるために必要なこと、それが◯◯による展開なのです。
このブランディング構築法をしつこいくらい使い続けることによって83名の読者にメール数通で1320万円の利益を出す秘密が明らかになります。

 

 

第3章:新・魔法のコピーライティング セールスひな形(38ページ)

maho3jpg.jpg第3章のセールスひな形。
ここで新・魔法のコピーライティングの本質部分に触れられます。
ここで紹介される手法は単なる一枚ものの「セールスレターページ」に閉じた内容ではありません。
毎日毎日セールス情報ばかりのブログ記事であったら、読みませんよね?
365日、毎日商品紹介のメルマガだったら読みませんよね?
そういう意味では「セールス自体」を超越して、セールスとそれ以外(コンテンツ記事)を
「どのようなバランスで展開するか?」「セールスをどういった形で仕掛けるか?」といった全体的な戦略の話になります。
ブログ、メルマガ等、あらゆる媒体を通じてセールスを仕掛けるタイミングまで丁寧に説明されています。
メール1通で1000万円稼ぐことができるコピーライティング講師は常に「ある」増減メーターを見ています。
科学的に計測可能な◯◯◯ー◯ーを見ながらセールスプロモーションを仕掛ける方法は単なるライティングスキルに止まならい「稼ぐための」ライティング技法を提供します。
最後に商品紹介記事のひな形(テンプレート)が紹介されます。
あまりにもシンプルなひな形であるため、拍子抜けするかもしれませんが、このシンプルな原則に商品紹介するためのすべての要素が含まれます。
人間はどのような情報を提示されると「行動するのか?」

人間が行動するに至るまでの自己対話、微妙な心理変化を的確にとらえてモノを買うまでの導線を引いてあげることがとても大事です。
シンプルにこの順番で文章を展開すればよい。
迷いなく一直線で記事が書けるので、この順番はきっちりと守って商品紹介を行ってほしいと思います。

 

新・魔法のコピーライティングの長所は

 

新・魔法のコピーライティングの長所はプロのコピーライターである岡村元紀さんが、初心者にもわかりやすいように実践的なライティングテクニックを教えてくれる点です。

前作である「魔法のコピーライティング術」とは打って変わって、具体的な例文や添削ビデオを使用して解説していくので、難しい理論やまわりくどい説明を嫌う実践者にとってはうれしい内容でしょう。

そして、今回の目玉コンテンツはコピーライター岡村さんによる「直接指導」です。

テキストで提示した文章の書き方に則って、岡村さんに記事を提出すると添削をしていただけるだけではなく、提出するごとに「極秘コンテンツ」を受け取ることができます。

岡村さんの個人コンサルを受けると年間100万円近くかかるようですが、そんな多忙な岡村さんを自分のコピーライティングスキル上達のために使い倒せるため、正直あり得ないサービスだと思います。

 ※岡村さんの直接指導は2016年2月末の一時販売停止を以て終了しました。
  その代わりに、直接指導の結果をまとめた動画・レポートを付属特典としています。

新・魔法のコピーライティングの短所は

 

新・魔法のコピーライティングの短所は「コピー」のコンテンツが弱いところです。

前作である「魔法のコピーライティング術」はコピー、つまり人間の行動心理を突いた科学的な手法でした。

コピーライティングを極めることのメリットや、コピーライティングが人間をどのように動かすか、ということをとても丁寧に解説されていました。

しかし、前作でコピー部分のコンテンツを出し切ってしまったため(?)、新・魔法のコピーライティングではいきなり実践的な内容から入ります。

確かに難しい理論を理解する必要もなく、いきなり反応の高い文章を書くことができるのですが、その裏にある本当の意味を理解しないと応用が利きません。

ですから、新・魔法のコピーライティングを実践する場合は前作である「魔法のコピーライティング術」を読む、または、それに類するコピーライティングの専門書を事前に読んでおくことをおススメしたいと思います。

新・魔法のコピーライティングを必要とする人

前作、魔法のコピーライティングを購入した人
コピーライティングに向き合う姿勢と言った前置きはさておき(事前習得済み)、テクニック集が欲しい人
実際にブログ、メルマガを運営しており、反応率を高めたいと思っている人

新・魔法のコピーライティングをまだ必要としない人

コピーライティングの基本を学んでいない人
コピーライティング以前に、まだ基本的なライティングスキルが足りない人
まだブログ、メルマガを運営していない人

新・魔法のコピーライティングの感想

 

前作である魔法のコピーライティング術はネットビジネスでモノを売るために大切な心構えを提示し、お客様が商品を買う時の心理状態を分析して文章を書くための大切な原理原則を説いてくれました。

つまり、「なぜ、コピーライティングを学ぶ必要性があるのか?」、「コピーライティングとは何なのか?」、ということを教えてくれたのです。

しかし、コピーライティングを基本的な事柄を押さえている人にとっては具体例が少なく、物足りないものとなっていたのも事実です。

今回の新・魔法のコピーライティングはそれをすべて解消してくれました。

新・魔法のコピーライティングは、言うなれば「稼げるテンプレート」「反応率を上げるテクニック集」。

より具体的な内容に踏み込んでいるため、「どうやって書くのか?」という問いかけに対してしっかり答えてくれています。

魔法のコピーライティング術を基本編とするなら、新・魔法のコピーライティング術は実践編と言える内容です。

実際に新・魔法のコピーライティングを使って見違えるように読みやすく変化した文章を修正前、修正後と比較して解説されているので、とてもわかりやすい内容だと感じました。

しかし、これは個人的な感想になりますが、コピーライティングの本質、人間の行動心理を理解せずにいきなり「新・魔法のコピーライティング」を読むと、小手先だけのテクニック集になってしまうため、前作の魔法のコピーライティングと合わせて読む必要があると感じました。

逆にしっかりとコピーライティングの基礎を習得している人にとってはこの上ない「実践教材」と言えます。

添削サービスを取り入れた点は前作と大きく違う点であり、究極の実践教材と言えるでしょう。

新・魔法のコピーライティングでは他にも添削ビデオ、添削サービス、数々の極秘プレゼントが用意されており、「ご褒美システム」によって楽しく学習できると感じました。

 

新・魔法のコピーライティングの評価

 

新・魔法のコピーライティング単体での評価はちょっと難しいです。

前作、「魔法のコピーライティング術」と「新・魔法のコピーライティング」を合わせた一つのコンテンツであった場合は、間違いなく97点~98点クラスのハイレベル教材です。

しかし、残念ながら現在は「魔法のコピーライティング術」は販売停止であるため入手できません。

この優良教材である前作「魔法のコピーライティング術」が入手できないという点がデメリットであるため4点減点します。(新・魔法のコピーライティングの評価ではなくなってしまいますが・・・)

94点

(2014年9月22日追記)

 

なんと、新・魔法のコピーライティング術の課題を提出したところ、ご褒美に「魔法のコピーライティング術」を頂くことができました!!

販売停止時には二度と手に入らないと言われていた商材だけに感涙モノです!!(販売ページにも下記の表記があります)

2015-12-21_015444.png

というわけで、新魔法のコピーライティングの評価は97点にアップさせていただきます。

サプライズ特典の「旧作:魔法のコピーライティング術」は2016年6月2日に消滅しましたので、
97点からマイナス3点で、94点に戻ります。

 

新・魔法のコピーライティングの購入について

 

新・魔法のコピーライティングの購入は下記リンクから可能です。
 

その際に当サイト限定オリジナル特典を用意していますので、じっくりとご覧になっていただけますと幸いです。

販売停止中

新・魔法のコピーライティングに対するご質問・ご相談

 

新・魔法のコピーライティングに関するご質問・ご相談は遠慮なくどうぞ。

こちらからメールをお願いします。

toiawaserollover_n_image.gif

 

情報商材アフィリNo.1

アンリミテッドアフィリエイト  アンリミテッドアフィリエイト

アンリミレビュー記事

人気ブログランキング参加中

この記事が役に立ったと思ったら、 ボタンをポチっとクリックしてください!

↓↓↓

人気ブログランキング

↑↑↑

応援よろしくお願いします。

お問い合わせはコチラ

メールフォーム

不明点、質問、何でもご相談ください。

↓↓↓

>>ヲタスケに質問する<<


◇ツイッターで
ヲタスケをフォローすることで、最新の更新記事をリアルタイムで読むことができます!

↓↓↓


情報商材rss