情報商材 レビュー

ネットで稼ぐ情報商材レビューブログ > 99 その他

右サイドバーと左サイドバーのどちらがいいのか?(その1)

rightleft.jpg

 

右サイドバーと左サイドバーのどちらがいいのか?

 

ブログやサイトを作成する際に悩むことはありませんか?

 

例えば、アンリミテッドアフィリエイトNEOではおなじみの、

 

「Zの法則」、「Fの法則」なんかが有名ですが、

 

ウェブ心理学に基づいた最適な配置というものが存在します。

 

ヲタスケは

 

トップページは3カラム、

 

そして個別記事ページは2カラムを推奨します。

 

まず、トップページの3カラムですが、

 

サイトメニューは左側にあった方が良いです。

 

これはユーザビリティに直結する話なのですが、

 

例えばWindowsエクスプローラーなんかは、

 

左側にメニューがありますよね。

 

explorer.jpg

 

これはやはり文字が左から右に流れるがごとく、

 

はじめに左に大項目を設置して、

 

その詳細を右に配置するというルールから

 

自然な配置といえますね。

 

ですから、トップページの左サイドバーに

 

■「カテゴリ」

■「記事一覧」

■「アーカイブ」

■「最近の記事」

 

を配置するのはすごく自然なんです。

 

そして、右サイドバーですが、

 

この右上には広告を入れます。

 

これはYahoo!のトップページを見ればわかると思います。

 

yahoo.jpg

 

 

3カラムの右上というのはキラーエリアなんですね。

 

一番、目を惹くところでもあります。

 

ここには自分がアピールしたい商品の情報を

 

デーン!と配置しましょう。

 

(Yahoo!のトップページも左サイドバーはメニューで右サイドバーは広告になってます)

 

次に個別記事ページなんですが、

 

これは2カラムで、右サイドバーが良いです。

 

理由はやはり右上のキラーエリアですね。

 

ここはトップページ同様、

 

サイト上最も重要なエリアなので、

 

広告用に使いましょう。

 

で、左サイドバーは必要ないのかというと、

 

必要ないとはいいませんが、

 

トップページほど重要ではありません。

 

トップページはすべてのコンテンツの入口なわけですから

 

サイトのメニューを表示する必要がありますが、

 

個別記事ページは末端のコンテンツですから

 

必ずしもメニューは必要ではないのです。

 

また、個別記事を訪れた人は、

 

記事の内容に興味があって訪問しているので、

 

記事に集中してもらうために、

 

あまり余計な情報は載せない方がいいんです。

 

というわけで、

 

個別記事ページは2カラムの右サイドバーにします。

 

 

念のため、Yahoo!の個別記事ページも確認しましょう。

 

右カラムと左カラム

 

Yahoo!の個別記事も2カラムの右サイドバーになっていますね。

 

あと、先ほどちょっと触れましたが、

 

文字が左から右に流れるという点から

 

■左サイドバーには過去

 

■右サイドバーには未来

 

を表すコンテンツを配置するのが良い

 

と言われています。

 

(そうすると3カラムの場合は、

 

中央カラムが現在ということになりますね。)

 

左サイドバーには(過去)記事の一覧を配置して

 

右サイドバーに広告(未来)を配置するというのは

 

実は理にかなっているんです。

 

さて、

 

本日はウェブ心理学の観点から

 

右サイドバーと左サイドバーの違いと役割について紹介しました。

 

次回は、検索エンジンとの関係から

 

右サイドバーと左サイドバーの違いについて考察していきます。

↓↓↓

https://johosyori.com/rightorleftsidebar2.html

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

情報商材アフィリNo.1

アンリミテッドアフィリエイト  アンリミテッドアフィリエイト

アンリミレビュー記事

人気ブログランキング参加中

この記事が役に立ったと思ったら、 ボタンをポチっとクリックしてください!

↓↓↓

人気ブログランキング

↑↑↑

応援よろしくお願いします。

お問い合わせはコチラ

メールフォーム

不明点、質問、何でもご相談ください。

↓↓↓

>>ヲタスケに質問する<<


◇ツイッターで
ヲタスケをフォローすることで、最新の更新記事をリアルタイムで読むことができます!

↓↓↓


情報商材rss