情報商材 レビュー

ネットで稼ぐ情報商材レビューブログ > 06 無料レポート

【レン流】あなたから買わせて下さいと懇願される 読者を虜にする骨抜きブランディング

【レン流】あなたから買わせて下さいと懇願される 読者を虜にする骨抜きブランディングを紹介します。

renreportcover20120208.jpg


レビューアフィリエイトをやっている時点で
そのレビュアーのキャラ設定というか、
その人の味が出てきます。

例えば、
「○○さんのレビューは辛口だ」、
とか
「●●さんは煽り系だ」、「説教系だ」、

とか。


このレポートを読むまで
私はブランディングについて真剣に考えていませんでした。


でも、これじゃいけないんですね。


なぜなら、人は商品を買う時に、
モノを買っているのではなく、その体験を買っているからなんです。


つまり、買うという行為の中に、「誰から買う」、「どこで買う」という行為も含まれており、
すべて含めて一つの消費行動なんですね。


たとえば、「グッチのカバンを買った」という発言には、
グッチのカバンが大事なんじゃなくて、
グッチで買い物をした、という事実が大事なんですね。


グッチで買い物をできる自分=(イコール)、
高級な自分みたいな(笑)。


これがブランドの力ですね。


そう考えると、アフィリエイトも同じで、
購入者さんは「誰から買うか」っていうことを気にするんですね。


もちろん特典が豊富なアフィリエイターさんから買おうというのが
本音でしょうけど、同じ特典であれば、
有名なアフィリエイターさん、ブランド力のあるアフィリエイターさんから
買おうと思うのが消費者行動としては正しい心理ですね。


ただし、ブランド力がある=(イコール)売り上げが上がる、
ではないので要注意です。


戦略上、自分で狙ったブランディングと異なるブランドイメージができてしまうケースですね。


アフィリエイターはツール系のブランディングを狙っているのに、
購入者側はライティング系のイメージができており、
紹介する側と紹介される側のミスマッチにより、
なかなか成約に結びつかない、とか。


常に自分の立ち位置と、お客様側から見た立ち位置を
客観的に見つめなおす必要があります。


説教系、
冷静系、
情熱系、
煽り系、
体育会系、
危機感扇動系、
丁寧系、
サポート系、
ツール系、
ライティング系、
稼ぐ系・・・・・・


さあ、あなたのブランドイメージはどれ?


↓↓↓


【レン流】あなたから買わせて下さいと懇願される

読者を虜にする骨抜きブランディング

 

ちなみにこの無料レポート作者のレンさんは

第1期Jレビュアーという肩書もお持ちの方です。

しっかりブランディングされてますね。(笑)

 

↓↓↓

 

【レン流】あなたから買わせて下さいと懇願される

読者を虜にする骨抜きブランディング

 

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

情報商材アフィリNo.1

アンリミテッドアフィリエイト  アンリミテッドアフィリエイト

アンリミレビュー記事

人気ブログランキング参加中

この記事が役に立ったと思ったら、 ボタンをポチっとクリックしてください!

↓↓↓

人気ブログランキング

↑↑↑

応援よろしくお願いします。

お問い合わせはコチラ

メールフォーム

不明点、質問、何でもご相談ください。

↓↓↓

>>ヲタスケに質問する<<


◇ツイッターで
ヲタスケをフォローすることで、最新の更新記事をリアルタイムで読むことができます!

↓↓↓


情報商材rss