情報商材 レビュー

ネットで稼ぐ情報商材レビューブログ > 03 ランク別情報商材 > 02 オススメ情報商材 > LPDesigner > ブログは2カラム、3カラムどちらが良いか?

ブログは2カラム、3カラムどちらが良いか?

2013年2月13日

こんにちは。ヲタスケです。

 


今日はブログを構成するレイアウト、とりわけカラム構成についてお話したいと思います。

 


まず、2カラムと3カラムのどちらが良いかということ。

 


カラムとは「列」(column)のことです。
ちなみに行はrow(ロウ)言います。

 


当ブログはアンリミテッドアフィリエイトNEOのテンプレートを使っていますが、
中でも3カラムタイプを選んでいます。

 


3column.jpg

 

 

アンリミテッドアフィリエイトNEOのテンプレートは2カラムと3カラムの2種類があります。

 

 

3カラムタイプは
トップページが3カラムで
個別ページが2カラムになります。

 

 

2カラムタイプは
トップページが2カラムで
個別ページが1カラムです。

 

 

よく、この事象をバグと勘違いして質問される方がいますが、
仕様です。

 

 

どうしてこのようになっているかは、
ポータルサイトの大手であるYahoo!を見てみるといいでしょう。

 

 

Yahooはトップが3カラムで個別ページが2カラムになっています。

 

 

【Yahoo!トップページ】

yahootop.jpg

 

【Yahoo!個別記事ページ】

yahookobetu.jpg

 

 

トップページはサイトの総合受付窓口なわけですから、
必然的に情報量は多くなります。

 

 

だから、トップページが3カラムであることに違和感はないはずです。

 

 

ただ、個別記事ページに3カラム必要かというと微妙です。

 

 

個別記事を見ているということは、訪問者が検索エンジン経由で来たか、
または、トップページからトピックを選択して来たかのいずれかが多数なわけですが、
どちらにせよ、訪問者の目的意識は明確なわけです。

 

 

つまり、その記事を読みたくて(検索キーワードに関連する記事を読みたくて)
訪問しているわけです。

 

 

だから、その記事ページ以外に遷移する予定はないはずです。(本来は)

 

 

そのような訪問者に対して3カラム構成を提供して
他のページに遷移するナビゲーションを配置する必要があるかというと
疑問符が付きます。

 

 

もし、他のページに行きたいのであれば、
それはトップページに戻ってねという話になります。

 

 

そういう理由でかどうかはわかりませんが、
Yahoo!の個別記事ページは2カラムになっています。

 

 

だから次のように考えるんです。

 

 

トップページは総合窓口だから情報量(リンク先)が多くて当然。

 

 

個別ページは目的意識が明確化されている(Narrowdown)ので
情報の質が優先される(リンク先は絞り込まれる)。

 

 

したがってトップページは3カラムで
個別記事ページは2カラムになる。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

この応用として
トップページが2カラムで個別ページが1カラムというのも
考えられます。

 


(先ほどお話ししたようにアンリミテンプレートの2カラムタイプはこのようになっています。)

 

 

3カラムタイプと2カラムタイプのどちらが良いか悪いかは一長一短です。

 

 

3カラムのメリットはトップページで「賑わい感」を出せる点です。

 

 

3秒ルールと言って、人はそのサイトを表示した時に
自分にとって必要な情報があるかどうかを3秒で判断するというヤツ(神話?)です。

 

 

ブログのトップページを表示した時にスクロールしない
ヘッダー部とグローバルメニューとその下のカラム上部の情報を見て
ブラウザの閉じるボタンを押すかどうか判断するという訳です。

 

 

この時に3カラムの場合はできるだけ多くの情報で訪問者にアピールすることができるので、
多くの情報を掲載して「賑わい感」を出すことが可能になります。

 

 

一方、個別記事ページになると、訪問者の目的意識がしっかりしているわけですから、
3秒ルールでブラウザの閉じるボタンを押すというよりは、
「中身(コンテンツ)」で有益な情報かどうかを判断しますので、
「賑わい感」は不要になります。

 

 

どちらかというとサイドバーの情報は「邪魔」になります。

 

 

そういう意味では個別記事ページは1カラムでも全然問題はないはずです。

 

 

特に複数の商材を紹介しているサイトで
個別記事で「A商品がおススメです」って言っているのに、
サイドバーでは「B商品がおススメです」って言ってたら、
訪問者は混乱しますよね?

 

 

そういうことです。

 

 

だから本当に猛烈におすすめしたい商品があるなら、
サイドバーなしの1カラムで紹介するのが一番親切だし、
実際のところ、その方が商品は売れます。

 

 

これは1カラムの記事に限らず
セールスレターやランディングページも同様です。

 

 

セールスレターやランディングページにサイドバーがなく、
一枚もののページ(ペラサイト、ペラページ)で構成されているのには
きちんとした理由(ワケ)があります。

 

 

ですから、2カラムが良いのか?3カラムが良いのか?という議論をするのであれば、
そのブログ、ページがどういう意味を持っているか?
どういう意味を持たせたいか?ということをきちんと考えて議論すべきであって、
ただ、あの人がこう言っていたからとかマニュアルにそう書いてあったからという理由で
決めつけない方が良いということです。(誰も決めつけていませんがw)

 

 

まあ、Yahooがそうだから、というのも完全に思考停止的発想ですが、
考えるヒントにはなります。

 

 

そんな感じで思考展開していきましょう。

 

 

ということで話がとっちらかってしまいましたが、
カラム数を増やすということは賑わい感を出す、
または総合受付窓口としての機能を果たすという点で意味はありますが、
個別記事ページ、特にピンポイントで訪問者にアクションしてもらう
(読者登録してもら、商品をお買い上げいただく)という点では全く意味がないどころか、
かえって逆効果になる、ということ。

 

 

そして、セールスレターやランディングページが1カラムであるということに関しては
それなりの意味があるということです。

 

 

セールスレターやランディングページを簡単に作るツール

LPDesignerのレビューと特典

 

↑↑↑

まずはこういったツールを使ってどんどんランディングページを量産して
検証してみてください。

 

1カラムのペラページの威力を実感することができます!

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

P.S.本日の内容が役に立ったと思っていただけたら、応援クリックしておいてください。

↓↓↓

 

人気ブログランキングへ

↑クリック後にページが完全に表示されるまでお待ちください。

トラックバックURL: http://johosyori.com/mt5/mt-tb.cgi/362

« 前の記事「ブログとサイトではどちらが良いか?」  |  次の記事「LPDesignerの設置にかかる時間と費用はどれくらいですか?」 »

情報商材アフィリNo.1

アンリミテッドアフィリエイト  アンリミテッドアフィリエイト

アンリミレビュー記事

人気ブログランキング参加中

この記事が役に立ったと思ったら、 ボタンをポチっとクリックしてください!

↓↓↓

人気ブログランキング

↑↑↑

応援よろしくお願いします。

お問い合わせはコチラ

メールフォーム

不明点、質問、何でもご相談ください。

↓↓↓

>>ヲタスケに質問する<<


◇ツイッターで
ヲタスケをフォローすることで、最新の更新記事をリアルタイムで読むことができます!

↓↓↓


情報商材rss