情報商材 レビュー

ネットで稼ぐ情報商材レビューブログ > 03 ランク別情報商材 > 03 まあまあ情報商材 > リサーチアルチザンゆずまるカバーG

バカ売れコンビニが教える勝利の方程式

バカ売れコンビニが教える勝利の方程式


こんにちは。ヲタスケです。


今日はアクセス解析のお話をしたいと思います。


「アクセス解析って何?」というのは
リアル店舗に置き換えてみるとわかると思います。


コンビニでバイトしたことがある人ですと解ると思うのですが
コンビニのレジって、お客さんが何を買ったかというのを
バーコードで読み取った後に店員が
「20代男性」とか
「30代女性」とか
「40代男性」とか入力してお会計しているんです。


そうすると、30代男性が夜8時に
ビールと枝豆とポテトチップスを買って帰った。


とか


30代女性が朝ストッキングとウィダーインゼリーと
爽健美茶とサラダを買ったとかがわかるんですね。


そのエリア、駅の周辺の情報が全部わかります。


その地域にどういう年代の人が多くて、
どういう人がコンビニが来るかがわかります。


そうすると、おのずとそのコンビニの陳列、レイアウトが決まります。


例えば、


「このエリアは大学が近いので大学生が多いな」


「中でも体育会系のサークル帰りの集団が一気にペットボトルのお茶を買っていくな」


とか商品を買う傾向が見える。


そうすると事前に販売予測が立てやすいのですね。


自分の店舗にどういうお客さんが何時に来て
何を買っていったかがわかります。


こういったことをログ(証跡)として残すと
次の戦略に繋がる。


戦略が当たると非常に反応がいい。


売り上げが上がる、と
こういう方程式が出来上がります。


例えば、
昔私がコンビニの店員でアルバイトした時なんかは、
ドライバーさんが印象に残っています。


タクシーとかトラックの運転手さんは
朝必ず缶コーヒーと新聞紙を買うんですね。


毎日です。


だから、必ず新聞紙は5~6部置いておくとか。


コンビニに行くとレジの横(しかも入口の近いところ)
に新聞紙を置いておくのは、
朝急いでいるドライバーさんがすぐに買えるように
あの場所に置いてあるんです。


ちょっと客層を分析するとそういくことができるんですね。


で、これWEBサイトで置き換えて考えてみましょうか。


そうすると、サイトでもどういうページにアクセスがあるか?
どういうキーワードで私のサイトに訪問してきてくれるか?


ということを分析すると・・・


「あ、なんだ私のブログには
商品のレビューページではなく、
技術的な、(例えば)画像加工の仕方とか
そっち系のアクセスが多いんだな」
ということがわかったとしましょうか。


そうしたら何をすれば良いかというと、
画像系のアクセスが多いのであれば、
そのページの近くにリンクを貼って
画像加工系の商材を紹介すれば良いのです。


画像加工に困っている人には
大変ありがたい提案ということで
喜んでもらえることは必至ですね。


自分の商品として何を扱うかは
自分が決めるのではないのです。


何の商品を扱うかは
お客様が決めることなんです。


自分の商品が売れる、のではなく、
お客様が欲しい商品が売れるのです。


お客様が欲しい商品を扱う。


そういう意味で
データ分析をして
データに真摯に向き合うことが求められます。


欲しくない人に商品を売ろうとすると
「押し売り」「スパム」「迷惑行為」
「配信解除」
となりますが、
欲しい人に商品を売ると
「素晴らしい提案」
「良質なオファー」
「かゆいところに手が届くコンシェルジェ」
となります。


全く真逆の評価ですね。


お客様の行動パターン、心理を分析するという事は
そういうことなんです。


ちなみに私が個人的に使っていて
とても気に入っている
アクセス解析ツールを紹介しておきますので
もし良かったら使ってみてください。

↓↓↓


高機能アクセス解析ツールはコチラ

それでは失礼します。

 

情報商材アフィリNo.1

アンリミテッドアフィリエイト  アンリミテッドアフィリエイト

アンリミレビュー記事

人気ブログランキング参加中

この記事が役に立ったと思ったら、 ボタンをポチっとクリックしてください!

↓↓↓

人気ブログランキング

↑↑↑

応援よろしくお願いします。

お問い合わせはコチラ

メールフォーム

不明点、質問、何でもご相談ください。

↓↓↓

>>ヲタスケに質問する<<


◇ツイッターで
ヲタスケをフォローすることで、最新の更新記事をリアルタイムで読むことができます!

↓↓↓


情報商材rss