情報商材 レビュー

ネットで稼ぐ情報商材レビューブログ > 03 ランク別情報商材 > 03 まあまあ情報商材 > リサーチアルチザンゆずまるカバーG

サイトの反応率アップ!アクセス解析によるチューニング技法4つ

accesskaiseki.jpgこんにちは。ヲタスケです。

涼しい毎日が続きますね。

こういう季節はとても過ごしやすいのでサイト作成・修正作業なんかがとても捗りますよ♪

さて、自サイトへのアクセスは売り上げに大きく影響しますから、常に見張っている人は多いのではないでしょうか?

「今日のアクセス数は?」

「キーワード検索順位は?」

こんな調子でいつもアクセス解析を眺めているのではないでしょうか?

ところで、アクセス解析は自サイトへのアクセス数やキーワードを眺めるだけではなく、その後にもう一つ重要なことが控えていますね。

そうです。アクセス解析によるサイト修正です。

サイトを作成したら、アクセス解析を見るだけではなく、解析結果からどのようにチューニングしていくか、ということがとても大切です。

そういうわけで、今回はアクセス解析後に行うべき4つの作業を紹介したいと思います。

1.キーワードアクセスがあるかどうか確認する
2.キーワードの内容から商品名キーワードかどうか判断する
3.キーワードを含むようにtitleタグを直す
4.キーワード関連記事を増やす

 

1.キーワードアクセスがあるかどうか確認する

まず、アクセスがないとお話になりません。

キーワードアクセスはおろか、アクセス自体がないサイトは読まれないので、
こういったサイトについては、どんなに改善しても永久に見られない可能性があります。
不確定要素が強いので、こういったサイトは放置しましょう。

サイト修正はアクセスが集まり始めてからでも遅くはありません。

2.キーワードの内容から商品名キーワードかどうか判断する

キーワードに商品名が含まれる場合は攻めます。

訪問者が「商品名を知っている」、ということは、
もう購入の検討段階に入っている可能性が高いので、
サイト内に公式ページへの誘導リンクを置きます。

例えば、

「商品名+最安値」
「商品名+配送」

なんかのキーワードだったら最高ですね。

こういったキーワードで訪問する人は「今すぐ客」である可能性が高いので、成約に結び付きやすいです。

これとは逆に「悩み+解消」といったキーワードである場合は、まだ、商品とは遠いですね。

3.キーワードを含むようにtitleタグ(タイトル名)を直す

狙ったキーワードではないキーワードでの流入が多い場合は、
サイトコンセプトそのものを見直したほうが良い場合もあります。

titleタグは未だSEOの内部構造において大きな役割を果たしますから、
これを変えることで、さらなるアクセスを呼び込むことが可能になります。

4.キーワード関連記事を増やす

キーワードアクセスから、
「アクセスした人が何に悩んでいるか?」
「何を知ろうとしているか?」
を判断して、記事を増やします。

■訪問者の知りたいことに応えるサイト
■訪問者の悩みに応えるサイト

こういったサイトが滞在時間を増やし、
検索エンジンからの評価が上がりますので、
しっかりと分析して、サイトを改善していけば良いでしょう。

まとめ


さて、いかがでしたでしょうか?

アクセス解析はアクセス数だけを見るものではありません。

「どういうアクセスが来ているか?」

ここから、生の人間の鼓動、息遣いを感じ、サイトを改善していきます。

パソコンと言えども画面の向こうにいるのは人間ですから、
常に相手の立場に立って、相手の悩みに寄り添うように、
サイトを作っていけば良い結果が生まれますよ。

 

>>当サイトおススメのアクセス解析ツールはコチラ

 

情報商材アフィリNo.1

アンリミテッドアフィリエイト  アンリミテッドアフィリエイト

アンリミレビュー記事

人気ブログランキング参加中

この記事が役に立ったと思ったら、 ボタンをポチっとクリックしてください!

↓↓↓

人気ブログランキング

↑↑↑

応援よろしくお願いします。

お問い合わせはコチラ

メールフォーム

不明点、質問、何でもご相談ください。

↓↓↓

>>ヲタスケに質問する<<


◇ツイッターで
ヲタスケをフォローすることで、最新の更新記事をリアルタイムで読むことができます!

↓↓↓


情報商材rss